【ドラフト】ソフトバンク1位・吉住晴斗は千賀マニア

2017年10月27日 16時30分

【ドラフト会議(26日、都内ホテル):1位の素顔と野望】くじ引き3連敗したソフトバンクが、外れの外れの外れ1位で指名した吉住は、身長185センチの恵まれた体格で、直球の最速は151キロを誇る。素材としても抜群のものを持っている。同校の佐藤監督によると「走ったら速いし、それこそ野球をやってなくても、東京オリンピックを目指してるんじゃないかというくらいに身体能力は高いですね」という。

 そんな未来のエース候補は“千賀マニア”でもあった。今春のWBCでベストナインに選ばれてブレークしたのがソフトバンクの千賀滉大投手(24)。吉住は中学時代、そんな右腕のデビュー間もないころの投球を見て「この人、すごいな」とビックリしたとか。

 以来、背丈もほぼ同じ右の本格派タイプとあって、目指す投手像として憧れの念を抱いてきた。もちろん、代名詞でもある決め球のフォークも含めて「動画を見たりして、マネしたり参考にしてきました」(吉住)。

 入団後は育成期間となりそうだが、将来的にはビッグな活躍が期待できそうだ。