【ドラフト】広島1位・中村奨成を改心させた中井監督激怒事件

2017年10月27日 16時30分

会見する中村。右は中井監督

【ドラフト会議(26日、都内ホテル):1位の素顔と野望】コイが実った。高校ナンバーワン捕手・中村は「地元のチームに選んでいただいて光栄。幸せな気持ちです。選んでくれると信じていた。貢献できるようにやっていきたい」と力を込めた。

 今夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打を放ち、打点の記録も更新。「1年目からレギュラーは無理でも試合に出て(新人王を)取りたい。バッティングは後からついてくると思うので、まずは守備面を伸ばしていかないといけない」と新人王を目標とする中村は、最も感謝したい存在を問われると「ここまで育ててくれた(広陵の)中井先生」と即答した。

 その恩師に激怒されたこともあった。2年の夏の大会直前だ。1学期の期末試験で赤点を取り、カミナリを落とされた。中井監督が当時を振り返る。「入学してきた1年春からずっと試合に出ていた。1つ上、2つ上の先輩が控えになっているのに、勉強がダメでしたでは話にならない。野球ができて褒められていたかもしれないが、そういう部分は厳しく叱った」。その後は赤点を一度も取っていないという。

 母子家庭で育った中村にとって「父親がどのようなものか分からない」と前置きしながらも、人間教育を含めた指導を受けた中井監督を「高校に入ってからは親父のような存在だった」と表現。指揮官の一喝で心を入れ替えた中村はそれを境に心身共に成長した。

 中村とともにドラフト会議を見守った中井監督は「(指名が)重複して涙が出るくらいうれしい。プレーでも人間でもみんなに愛される選手になってほしい」と語る。そんな期待に応えて、恩返しをしなければならない。