【日本シリーズ予想】大下剛史氏 地の利が大きいソフトバンク

2017年10月27日 11時01分

大下剛史氏

【日本シリーズ予想=大下剛史氏 ・ソフトバンク4勝3敗】ソフトバンクにしてみたら、嫌な相手が出てきたなあという印象ではないだろうか。DeNAといえば強さともろさが同居しているチームで、勝手に負けてくれるようなところがあった。それが先のCSでは本当にいい野球をしていた。今までのイメージで対戦したら痛い目に遭う。

 野手出身のラミレス監督は攻撃野球が基本ではあるが、日本での長いキャリアから耐えしのいで守ることもできる。そして何より采配も思い切りがいい。広島とのCSファイナルステージ第5戦で先発の石田に早々と見切りをつけて2回から三嶋をつぎ込んだのがいい例だ。

 ラミレス監督にしてみれば当たり前のことかもしれないが、いくら石田が2失点したといっても「2回から立ち直るんじゃないか」と期待するのが日本人の感覚だ。野手も含めて選手の起用に緻密な計算も感じられる。

 打線は1番の桑原から梶谷、ロペス、筒香、宮崎と5番まで息が抜けない。特に日本を代表するスラッガーとなった4番の筒香はCSの最後に2戦3本塁打と調子を上げている。工藤監督も対策に手を焼くことだろう。

 ただ今年の日本シリーズはソフトバンクの本拠地であるヤフオクドームから始まる。地元で最大4試合できるうえ、広い球場での戦い方を含めた地の利は大きい。いまやV9時代の巨人を思わせるような圧倒的な強さを誇るソフトバンクが勢いに乗るDeNAをどうはね返すか。見どころの多い戦いとなるはずだ。(本紙専属評論家)