伊原春樹氏「ソフトバンクは最高の形で日本シリーズへ」

2017年10月24日 11時00分

いきなり躍動した柳田

【伊原春樹 新・鬼の手帳】終わりよければ、すべてよし。このCS突破によってソフトバンクは最高の形で日本シリーズに臨めることになった。楽天とのCSファイナルSを5試合戦ったことで戦力が整ったと言える。

 右脇腹を痛めていた柳田が1番で即座にスタメン復帰し、いきなりの大活躍。聞くところによると柳田本人はCS期間中の復帰に慎重だったそうだが、それも無理はない。プロ野球選手にとって脇腹はデリケートな箇所。一度痛めれば何をするにも可動する部位だから治りにくい。しかもフリー打撃しか行っていない状態から、いきなりぶっつけ本番で打席に立つことになったのだ。柳田とすれば「再発させてしまうかもしれない」と怖さを覚えていても仕方がない。

 だが柳田はこの日の復帰戦で、マルチ安打で得点に絡んだ上、キッチリとバットを振って相手投手の生きた球に対応できただけでなく、第1打席の内野安打では全力疾走も見せた。あれだけ俊敏な動きができれば、もうまったく問題ない。

 首脳陣もまたCS出場に慎重だった柳田の背中を押す格好となり、それが間違っていなかったことを結果で証明した。この好判断はリハビリから柳田のコンディションチェックを片時も怠らなかった監査体制のたまものである。

 その柳田に触発されるように、CSでは影が薄かった松田も2ランを含む3安打4打点で復調。今季はいまひとつ本領を発揮できなかった武田も大一番の先発マウンドで快投した。リーグ優勝チームはどうしてもCSファイナルSまでの試合期間が空くことで調整が難しくなる傾向が強いが、ソフトバンクは楽天と競り合って手に汗握るゲームを重ねたことで懸念された選手も最後に“答え”を出した。

 日本シリーズでセ・リーグの相手は未定とはいえ、歯車がかみ合ったソフトバンクの優位は揺るがないと見る。(本紙専属評論家)