【パCS】ソフトB逆転勝ちで王手 内川4戦連発弾&中村晃2戦連発弾

2017年10月21日 16時25分

6回、CS史上初の4試合連続ホームランを放った内川

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦(21日、ヤフオクドーム)、リーグ覇者・ソフトバンクが3位・楽天に4―3と競り勝ち、対戦成績を3勝2敗(優勝アドバンテージを含む)として、日本シリーズ進出に王手をかけた。

 2―3の6回、先頭・内川の「打ったのはストレート。芯でうまく打つことができた」という、CS史上初の4試合連続本塁打で同点。続く中村晃の2試合連続となるソロ本塁打で逆転に成功した。

 先発・バンデンハークは5回途中3失点だったが、リリーフ陣が反撃を許さず、8回途中から登板した守護神・サファテもほぼ完璧に抑えた。

 楽天の先発・岸は5回2失点。1点リードの6回から登板した2番手の宋家豪が誤算だった。打線は6回以降、チャンスを作れなかった。

 日本シリーズは28日、パ・リーグ出場チームの本拠地球場で開幕する。