【26日ドラフト異色の隠し玉(2)】軟球で149キロ出す逸材・中山匠投手

2017年10月22日 11時02分

ボールを持ってポーズを取る中山

 26日に迫ったプロ野球ドラフト会議に向け、各球団とも早実・清宮幸太郎内野手(3年)をはじめとした指名候補のリストアップが大詰めを迎えている。今年もアッと驚く“隠し玉指名”はあるのか。日本学生野球協会に属さない高校生、大学生独立リーガー、さらには軟式の逸材と、指名の可能性がある“変わり種”3選手を緊急取材した。

【中山匠投手】

 昨年は菊沢竜佑がヤクルトにドラフト6位で指名されるなど、近年注目が高まる軟式野球出身選手。社会人軟式野球のキャプティに所属、今秋ドラフト候補に挙げられる中山匠はサイド気味のフォームから最速149キロの速球を投げ込む25歳の大型右腕だ。軟式球は一般的に硬式よりも球速が出づらいとされ、硬式球ならば150キロを超える球速が期待される。

「高校、大学ともプロ志望届は出してません。高校では地方大会で初戦敗退でしたし、大学でもほとんど試合に出ていなかった。実力的に全然無理でしたから」。大学卒業後の進路として社会人の硬式野球部にもアピールしたが、どこからも声はかからなかった。それでも野球を続けたかった中山は軟式野球の道を選ぶ。大学最終年で変えたフォームが徐々に完成。軟式の環境で才能が開花した。

 安定した社会人野球から一転、先の見えないプロの世界に飛び込むのは覚悟がいるが「指名されたら挑戦したい気持ちはある。会社も『ダメなら戻ってくればいい』とまで言ってくれました。チャンスがあるなら、飛び込んでみたい」と腹をくくる。

「正直、まさかこんなふうになるとは思ってなくて。特に意識も緊張もしていない。半信半疑ですよ」。果たして、軟式の逸材に指名はあるか。

【プロフィル】なかやま・たくみ 1992年6月22日生まれ、栃木県宇都宮市出身。晃宝小1年のとき、学校のクラブ活動で野球を始める。中学では宇都宮スターボーイズに所属。文星芸大付進学後、1年春からベンチ入り。1年夏に県4強。2年夏、3年夏はいずれも初戦敗退。専大では1部だった2年春に2試合計4イニングに登板。卒業後、2015年から設備関係の会社キャプティに就職し、軟式野球へ。186センチ、90キロ。右投げ右打ち。