【パCS】ソフトバンクがようやくお目覚め!中村晃の決勝弾でシーソーゲームを制しタイに

2017年10月20日 21時23分

8回、決勝弾を放った中村晃

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが20日、ヤフオクドームで行われ、リーグ覇者のソフトバンクが7—5で3位の楽天に競り勝った。対戦成績は2勝2敗(アドバンテージ含む)とタイになった。

 先制したのはまたも楽天。初回、ソフトバンク先発の和田を攻め、二死から銀次とウィーラーの連打で一、二塁とし、島内の中前適時打で3試合連続の先制点を挙げた。

 ソフトバンクはその裏、楽天先発の則本から、安打の今宮が犠打で二進後、デスパイネの右前適時打ですぐさま同点。さらに松田が左翼線へ適時二塁打し、逆転に成功した。

 しかし楽天は2回二死二塁から茂木の右前適時打、藤田の右二塁打で再逆転。一方、ソフトバンクは3回に内川が3試合連続弾となる逆転3ランを放てば、楽天は5回にアマダーが同点2ランを放つなど、激しい点の取り合いとなった。

 試合は5—5で迎えた8回、楽天2番手の福山から、中村晃が右越えに決勝2ラン。最後は守護神サファテがピシャリと締め、ソフトバンクが今ステージ初勝利を挙げた。