【パCSファイナルS】冴え渡った楽天・梨田監督&嶋の捕手頭脳

2017年10月19日 14時00分

6回、明石(奥)を見逃し三振に仕留め、雄たけびを上げる塩見

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦が18日、ヤフオクドームで行われ、ファーストステージを勝ち上がってきた3位の楽天が、リーグ覇者のソフトバンクに3―2で勝利。対戦成績を1勝1敗(アドバンテージ含む)のタイとした。勢いに乗る楽天とは対照的に、圧倒的強さでペナントを制したはずのソフトバンクは、一体どうしたのか。舞台裏をのぞいてみると…。

 ファーストS第2戦に次ぐ茂木の先頭打者弾で先制し、ぺゲーロの代役・アマダーが一発。今CSで茂木と並ぶラッキーボーイ、ウィーラーにもソロが飛び出し、投げてはシーズン3勝の伏兵・塩見が堂々の6回4安打1失点投球。シーズン後半の失速がうそのように梨田采配は冴えまくり、チームは一丸となった。

 試合後、指揮官は「先取点を取れたしアマダーも久しぶりに出て打ってくれた。ウィーラーもハッスルしてくれて、3点で勝てるとは思わなかった」とニンマリ。続けてCS史上初の両ステージ先頭打者弾を記録した茂木について「初球(初スイング)で打って相手に強烈なインパクトを与えるのが彼の魅力。チームに勢いが出る」と期待に応えた3選手をたたえた。

 これでファーストS第2戦から3連勝。試合前、梨田監督は「とにかく先取点を取ってリードして5回以降を迎えたい。みんなで大きな壁をぶち破りたい」と語っていた。まさに絵に描いたような必勝パターンだ。

 ファーストSでは早めの仕掛けが目立った指揮官だが、この日は塩見の好投に一転、我慢の継投で交代機を遅らせ、第2先発に用意していたルーキー・藤平を温存するボーナス付きの勝利をものにした。

 そして、指揮官の分身・嶋は相手の裏をかく配球でホークス打線を翻弄。1~4番の上位打線から塩見が計5三振を奪うリードで短期決戦の勝ち方を示した。

「完全アウェーなので開き直ってやるしかない。自分たちがいつもと同じ状態でできるかどうか」と語っていた嶋は、第2戦に向け「明日はさらに流れが良くなる。辛島は塩見と似たタイプなので相手も(攻略法を)考えてくると思う」と先を見通す。梨田―嶋の“捕手頭脳”が今ステージでもその主導権を握っている。