【セCSファイナルS】伊勢孝夫氏「第2戦以降もキーマンは新井」

2017年10月19日 14時00分

5回、田中の先制2点タイムリーで生還する新井

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが18日に開幕。広島とDeNAが激突した第1戦は、ペナントレースを制した広島が3―0(5回降雨コールド)で勝ち、対戦成績を2勝(アドバンテージ含む)とした。

【伊勢孝夫 新IDアナライザー】広島はゲーム感覚が心配だった。一軍レベルでの試合をずっとやっていないし、対するDeNAは阪神とCSファーストステージであれだけの試合をやって乗り込んできた。個々の技量はDeNAより広島が上だが、ゲーム感覚はものすごく大事。その意味でカープ打線は2回り目くらいまではしんどいかなと思っていた。実際、4回まで無安打だったが、5回に3回り目の田中、菊池で点を奪った。先発の薮田も、そこまでよく持ちこたえた。さすが広島だ。

 5回は新井がチーム初安打を放って流れを変えたといってもいい。カウント2―2からの7球目、外のチェンジアップを体勢を崩しながら左前に運んだ。DeNAバッテリーも勝負球としての選択は間違っていなかったと思う。新井も体勢を崩されたということはチェンジアップだと読めていなかったのだろう。それでもバットの芯の近くでつかまえ、打球も速かった。気持ちが入っていた。

 短期決戦になるとベテランの存在は大きい。今の広島を引っ張っているのは新井。彼が打つと広島の雰囲気が変わるということをDeNAも考えないといけない。新井が第2戦以降もキーマンになる。

「何が何でも!」という気持ちはDeNAのほうが強かったかもしれないが、それでも広島ははね返してしまう。安部、鈴木を欠いていても選手が個々にチャンスに強いものを持っているから得点圏でいい打撃ができる。そこが強さの秘密でもある。こうなると広島ペース。この1勝はとことん効いてくる。