福岡県出身の宝塚・和海しょう パCSで国歌独唱「憧れていた」

2017年10月18日 18時58分

国歌斉唱を務めた和海しょう

 福岡出身で宝塚歌劇団花組・男役として人気の和海しょうが18日、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦のソフトバンク―楽天戦(ヤフオクドーム)で国歌独唱を行った。

 年間20試合以上もプロ野球を観戦し、根っからの鷹党の和海は初の大役に「国歌斉唱、始球式をいつかやりたいと憧れていたので、かなってうれしいです」笑顔。続けて「今年は観戦した(ホークス戦)5試合で負けたのは1試合だけ。その前の年は7勝1敗。“勝利の女神”なので、次は始球式に呼んでいただけたら」と吉兆データを披露して“初登板”も志願した。