【セCS】DeNAが2年連続ファイナル進出 阪神は能見が誤算

2017年10月17日 21時12分

初回、ロペスにタイムリーヒットを許した能見

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦(17日、甲子園球場)は、レギュラーシーズン3位・DeNAが2位・阪神に6―1で勝利。2勝1敗で2年連続のファイナルシリーズ進出を決めた。18日からリーグ優勝の広島とマツダスタジアムで対戦する。

 DeNAは初回、阪神先発・能見の立ち上がりを捉えた。桑原が四球、梶谷が右前打で無死一、三塁。ロペスが左前適時打を放って先制した。なおも筒香の四球で満塁とし、一死後、嶺井の左前打で2者が生還。見事な速攻で能見をKOした。

 主導権を握ったDeNAは4回、阪神3番手の岩崎から追加点。この回先頭の倉本の二塁打を足掛かりに、一死三塁から梶谷が中前適時打。続くロペスが左中間席に飛び込む2ランを放ち、リードを広げた。

 阪神はDeNA先発のウィーランドをなかなか攻略できない。初回二死から糸井が四球で出塁したが、福留が三振。2回は一死一塁で大和が二ゴロ併殺打。4回は上本と大山の安打で二死一、二塁としたものの、鳥谷が二ゴロ。5回は代打・植田の二塁打で無死二塁としながら坂本、糸原、俊介が凡退した。

 甲子園の虎ファンが盛り上がったのは6回。阪神の5番手として今季不振にあえいだ藤浪が登板し、打者3人をピシャリと抑え、スタンドから大歓声が上がると、その裏、虎打線も反撃。二死から福留が右中間フェンス直撃の二塁打を放ち、大山の右前適時打でウィーランドからようやく1点を返した。7回もマウンドに上がった藤浪は先頭のロペスに左前打を許したが、後続を封じ、2イニングを投げ、無失点だった。

 DeNAは7回1失点のウィーランドの後、8回をパットン、9回は守護神・山崎康が締め、勝利をつかんだ。阪神はわずか37球で降板となった能見が大誤算。初戦を取ったが、第2戦の雨中の“泥んこ試合”での敗戦で流れが変わったか。悔しい連敗でシーズン終了となった。