【パCS】楽天が下克上 崖っ縁からの2連勝でファイナル進出決定

2017年10月16日 21時36分

8回表、ソロホームランを放ち枡田(左)に迎えられるウィーラー

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦(16日、メットライフ)は、3位・楽天が2位・西武に5―2で勝利。2勝1敗でソフトバンクが待つファイナルシリーズ進出を決めた。

 楽天は初回、立ち上がりの制球に苦しむ西武先発・野上を攻め、3四球でもらった二死満塁の好機に、ウィーラーの遊撃内野安打で1点を先制。4回には一死二塁から、野上の暴投で二走のウィーラーが一気に生還して加点した。

 西武は初回、先頭の秋山が三塁打を放つも後続が倒れて無得点。2回以降も楽天先発・美馬の前にチャンスらしいチャンスをつくれなかったが、5回に栗山、中村の連打と犠打で一死二、三塁とすると、炭谷の右犠飛で1点。しかし、その後の二死三塁は、2番手・高梨の前に秋山が三振に倒れて生かせなかった。

 楽天は8回、西武の5番手・シュリッターからウィーラーのソロ、枡田の2ランでダメ押し。早めの継投で美馬、高梨、宋家豪、ハーマン、福山とつなぎ、最後は松井裕が浅村にソロを許したが、後続を断った。

 引き分けでもいい西武は、自慢の打線が機能しなかった。