楽天・則本が4年連続最多奪三振をほぼ手中に 野茂以来4人目

2017年10月08日 20時06分

 楽天の則本昂大投手(26)が8日、ソフトバンク戦(koboパーク宮城)に先発し、4年連続最多奪三振のタイトルをほぼ手中に収めた。

 2回に上林からこの日4個目の三振を奪い、218奪三振として、菊池雄星(西武)の217を抜きトップに立った。則本は5回までに7三振を奪い、自己最多の221奪三振となった。

 西武はすでにシーズンを終え、3位・岸孝之(楽天)が187奪三振で、則本の4年連続最多奪三振がほぼ確実となった。

 4年連続は1990~93年の野茂英雄(近鉄)以来、4人目の快挙。則本は「タイトルはあとからついてくるもの。チームの勝利が第一」と個人タイトルには興味を示していなかったが、しっかりと勲章を手に入れた。