阪神メッセンジャー“特攻ローテ”でCSへ「登板間隔?問題ない!」

2017年10月07日 11時00分

室内練習場で汗を流したメッセンジャー

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が“特攻ローテ”でクライマックスシリーズ(CS)に臨む。

 6日の中日戦(甲子園)は雨天中止となり10日に順延。本来この日に復帰登板を果たす予定だった助っ人右腕について金本監督は「メッセ? 10日に投げさせるよ。イニング、球数によって代わることになる」と明言。規定投球回到達までの4イニング程度を投げ、中3日の強行軍で14日のCS初戦に向かうことが濃厚となった。ブルペン入りで汗を流したメッセンジャーは「登板間隔が短い? 問題ない!」と腕をぶしていた。