元広島・廣瀬純氏「尋常じゃない革手袋の数!僕の中では丸佳浩がMVP」

2017年10月06日 11時00分

石井コーチ(中段左)の影響を受けたと丸(中段右)

【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】打撃面で今季のMVPを一人挙げろと言われたらファンは誰を選ぶでしょうか。僕なら間違いなく丸を挙げます。

 シーズン序盤から派手な活躍こそなかったものの、3番打者としてチームの主軸に君臨。打率3割8厘、92打点、23本塁打をマークしました。この安定感と堅実さがなければ、僕は広島のリーグ連覇はなかったと思っています。

 4月中旬から4番に抜てきされた(鈴木)誠也の負担を軽減した点も見逃せません。仮に丸の打率がシーズン序盤、2割5分程度だったら、誠也は4番として活躍し続けることは難しかったはずです。実際、他球団の主力投手に話を聞くと、みな口を揃え「丸がシーズンを通して好調だったことで、4番の誠也が楽に打てていた。誠也の活躍は丸の成績が大きい」と話しています。3番・丸の存在がいかに相手投手に脅威を与えていたか。こうした証言からもチームへの貢献度は理解できると思います。

 もっとも、彼が現在のような模範打者に成長できた背景には琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)の存在があります。

 僕が知る限り、入団当初の丸は若さと才能だけでプレーを続けていました。練習量こそ豊富も、食事は好きな物を好きなだけ食べ、お酒も飲んでいました。プロとしての自覚は希薄だったと思います。 ところが、琢朗さんが広島に来てから変化が表れました。公私にわたり自らを厳しく律する琢朗さん。その先輩のもとで打撃精度の向上に取り組みながら「現役生活を長く続けるための心得」も注入されました。以後は食生活を徹底管理し、大好きだった酒も控えるようになりました。ここ最近は日々の練習にも目的意識を持ち、本人の口から「できる限り長く現役をやりたい」という言葉も耳にします。明らかな成長が感じられます。

 ただ一つ、気になる点もあります。自らに対し厳しくなったあまり、ストイックな性格に磨きがかかっていることです。

 丸は「これ」と決めたら、最後までやり続けるタイプ。数年前には「体を大きくする」と決意を固め、一心不乱に毎日プロテインを飲み続けました。その結果、タンパク質の数値が急上昇。ある日行われた健康診断では「高タンパク質」で医師や球団から注意を受けるという失態を犯した苦い過去があります。

 現在もその“名残”はあります。バットを握るためにはめる「革手袋」へのこだわりです。丸は一度はめて少しでも緩みやたるみ、感覚のズレを感じるとちゅうちょなく革手袋を替えます。その数は尋常ではない。1試合1打席ごとに別の手袋を使うことも珍しくありません。

 先日「いったい1シーズンでどれぐらいの数の革手袋を使うの?」と冗談交じりに質問しましたが、本人は苦笑いを浮かべていました。

 今度、改めて丸にこの質問をぶつけてみます。東スポ読者の皆さん、その数を当ててみてください。見事正解した方には…本人の革手袋、プレゼントさせていただきます!

 ☆ひろせ・じゅん 1979年3月29日生まれ。大分県出身。佐伯鶴城高―法大。大学時代の2000年にシドニー五輪野球日本代表を経て、同年ドラフト逆指名で広島入団。強打の外野手として活躍。10年に打率3割、ゴールデン・グラブ賞を受賞。13年にはプロ野球新記録の15打席連続出塁をマークした。16年に現役引退。17年から中国放送(RCC)の野球解説者として活躍中。通算成績は978試合で打率2割7分3厘、51本塁打、253打点。右投げ右打ち。