広島 CS用秘密兵器は「サード・新井」だ

2017年10月04日 11時00分

有事に備え、三塁でノックを受ける新井

【赤坂英一 赤ペン!!】18日開幕のCS最終ステージまで、ブランクが心配される広島だが、チームの雰囲気は相変わらず明るい。9月30日のDeNA戦の試合前も、東出打撃コーチが、鈴木の穴を埋める代理4番・松山にこんなツッコミを入れて周囲を沸かせた。

「もし9月の月間MVP(9、10月期)を取れなかったら、もう取材は受けないって松山が言ってるんだよ!」

 もちろん、当の松山は「オレそんなこと言ってませんよ! 話作らないでくださいよ!」と笑って否定。この調子ならCSでもしっかりと代理4番を務められそうである。

 問題は、死球でできた右ふくらはぎ血腫の除去治療を受け、登録抹消中の安部だ。「筋肉は傷ついていないのでCSにはギリギリ間に合うかも」と東出コーチは言うものの、石井打撃コーチは「ここで無理させると長引く恐れもある。CSはいないものと思って戦いますよ」と断言した。

 だが、離脱直前に5番を打ち、足と三塁守備でも貢献していた安部の穴は簡単に埋められるものではない。控え三塁手の1番手は西川になるようだが、「二の矢、三の矢を用意する必要がある」と石井コーチは言う。

「バティスタやメヒアもいるけど、まだ全面的に信頼できるほどではありません。下位で得点源になるとしたら、エルドレッドか小窪かな。エルドレッドはまだ二軍で調整中で、復調すれば早く上(一軍)で打たせたい」 彼らが頼りにできないとなった場合“CS用秘密兵器”となりそうなのが「サード・新井」。石井コーチが「よほどの緊急事態に限る」としている一方、東出コーチはなかなか前向きである。

「サード・新井さんは面白いかもしれない。ある意味、壊れるのを覚悟でいってもらえるでしょ」

 しかし、「何だかんだ言っても、やはり主役がきちんと打てるかどうかですよ」と石井コーチは強調する。昨年は、初の本拠地CS開催でチーム全体が硬くなっている中、田中が打率8割3分3厘と打ちまくり、日本シリーズへ進出している。

「今年も広輔にあれだけの活躍ができるかどうか。そうでなければ丸が中心打者として打線を引っ張っていけるか、ですね」と石井コーチ。ちなみに、東出コーチのほうは「CSで打てなかったら、秋季キャンプはまた地獄になる。強化指定選手もいっぱいいますよ」と不気味な予言をしている。