阪神・キャンベルの帰国発表「ファンの声援が支えになっていました」

2017年09月28日 23時49分

帰国が決まった阪神・キャンベル

 阪神のエリック・キャンベル内野手(30)が近日中に帰国することが28日、発表された。

 強打の三塁手として期待されたものの、打率1割9分1厘、1本塁打、5打点と振るわず、6月7日に二軍落ちしてからは昇格なし。

 若手の積極起用の影響もありチャンスも少なかった“不運助っ人”は球団を通じて「ファンの皆さん、一年間応援ありがとうございました。球場での皆さんの声援がいつも支えになっていました。本当にありがとうございました」とコメント。掛布二軍監督のラスト采配となった28日のウエスタン・広島戦(甲子園)では1安打2四球2打点と奮闘したが、これが最後の勇姿となりそうだ。