由伸巨人 Bクラスなら秋季キャンプ一変も

2017年09月25日 16時30分

2回に死球を食らう阿部

 巨人は24日、ヤクルトとの3連戦初戦(神宮)を5―3で制し、連敗を2で止めた。この日は打線と救援陣の踏ん張りで逆転勝ちしたが、クライマックスシリーズ(CS)進出を争う3位DeNAとは1・5ゲーム差のまま。厳しい状況に変わりはなく、Bクラスで終戦した場合には秋季キャンプにも“変化”が表れるのではとの声も出ている。

 まず奮起したのは攻撃陣だった。2点差を追う3回、二死から3連続四球で満塁のチャンスを得ると阿部の2点適時打で同点。さらに村田、亀井の3連続タイムリーでこの回4点を挙げ、久しぶりに打線がつながりを見せた。先発田口は5回3失点、9安打、5四球とピリッとしなかったが、6回からバトンを受けた回またぎの西村↓マシソン↓カミネロが無失点でピシャリ。試合後、由伸監督は「(3回に)一気に逆転できたのは良かった。(リリーフ陣は)3人でよく頑張ってくれたと思う。今日は田口は3人に感謝しないといけない」とねぎらった。

 最下位相手の取りこぼしは阻止したが、CS争いは厳しい状況が続いている。すでに自力でのCS進出の可能性はなく、DeNAとの直接対決も残っていない。DeNAもこの日勝ったため、残り試合数だけが減った。

 もちろん可能性がある限り、首脳陣もナインもAクラス入りをあきらめることはない。ただ、厳しい数字が並ぶ現状にチームスタッフの一人は「今年も年間通じてレギュラーに定着できた若手はいない。秋のキャンプで底上げが必要なのはもちろん、このまま(4位で)終われば、若手以外の選手たちも参加となっても不思議ではない」という。

 由伸監督は就任1年目の春季キャンプで阿部ら一部のベテランに独自調整を認める「S班」を設けたが、満足な結果が表れなかったと判断した2年目の今春は一転して廃止。すでにV逸が決まり、球団トップの老川オーナーも「またしっかり練習して、来年こそはぶっちぎりで(優勝に向かって)行きたい」と口にしている。秋季キャンプは基本的に若手を徹底的に鍛え上げる場となるが、そうした状況から参加メンバーはヤングGにとどまらず、中堅選手以上にまで及ぶのではないかという見方だが…。

 いずれにせよ、チームは残りの6戦全勝を目指し、逆転CS進出の“吉報”を待つしかない。