【清宮プロ表明】ソフトB指名もポスティングは容認せず

2017年09月23日 16時30分

工藤監督なら清宮をうまく使える?

 早実・清宮幸太郎内野手(3年)がプロ志望届の提出を表明したことを受け、ソフトバンクの球団統括本部・三笠統括本部長は「もちろん(1位)候補の一人です」と話した。王球団会長の早実の後輩でもあり、1位指名はかねて基本線となっている。

 もっとも、あくまでも特例はなしだ。清宮はメジャー志向も強く、ポスティング移籍の容認が一つの焦点となる可能性もある。ただ、メジャー球団超えが最終目標で資金も潤沢なソフトバンクは、後藤球団社長が「うちの球団には(ポスティングは)必要ないと思っている」と話すなど一切の例外を認めていない。今回の清宮に関しても、そこは変わらないという。

 また、チーム内に聖域はなく、競争を勝ち抜かないことにはファームで時間をかけてとなる可能性もある。球団フロントからは「守備位置も今のまま一塁だけでとなると、相当打たないことにはうちでは厳しい。(来季35歳の)松田の後釜候補として、三塁あたりも練習してもらわないことにはね」との声も出ている。

 育成面には自信がある。ファームの施設面は12球団屈指。また、千賀のように育成選手からスターとなった若手もいる。三笠統括本部長も「競争は大変だが、若い選手が成長するにあたってはいい刺激になると思う」。清宮が口にした「自分を成長させてくれる球団」との条件には当てはまりそうだ。その潜在能力は王会長をして「彼は(打撃が)柔らかい。対応力がある。周りのレベルが上がっていけば、そこでまた成長していけるのでは」と認めるところ。獲得となれば即出場というより、大きく育てる方針となりそうだ。