広島リーグ連覇の立役者・今村猛が明かす「喜びと屈辱」

2017年09月20日 11時00分

本紙に独占手記を寄せた今村

 優勝マジック1としていた広島が18日、甲子園での阪神戦に3―2で競り勝ち、2年連続8度目のリーグ制覇を決めた。抑え、セットアッパーとしてリーグ最多の67試合に登板し、リーグ連覇の原動力となったのが今村猛投手(26)だ。今季は「中継ぎキャプテン」としてブルペン陣をけん引。開幕直後から守護神として23セーブを挙げるも、8月末には成績不振からその座を中崎に奪われた。喜びと屈辱を味わい、勝負の9月に復調した8年目右腕が本紙に独占手記を寄せ、野球観から結婚観まで自らの言葉でつづった。

【独占手記】優勝が決まった瞬間、去年と違って長いシーズンだった…。そう感じました。今日に関しては、とりあえず勝てばいいかなと思ってブルペンから試合を見ていました。接戦をものにできての優勝は去年と違った勝ち方でしたし、よかったです。去年は何も分からないまま無我夢中で優勝までたどりついた感じでしたが、今年はまた違ったうれしさを味わっています。そういったことも含めて連覇できたのは大きかったです。

 個人的には「中継ぎキャプテン」としてシーズンを迎えました。でも、あまり意識することはなく、特別やることも変わりません。ただ、開幕してすぐに中崎が抜けてしまって。中継ぎをやるからには最後を投げてみたいという思いはありましたし、巡り合わせもあったので、いい機会だなと思いました。重圧はあまりなかったですね。中田廉さんや一岡さんが頑張ってくれていたので、みんなでカバーし合いながら勝てる試合をものにできたのだと思います。

 印象に残った試合を挙げるなら、6月13日のオリックス戦です。薮田が8回まで投げて、その裏に1点を取り、9回に僕が投げるという展開でした。結果、金子千尋さんに投げ勝ったという形になったので、薮田も自信になったと思う。僕自身も緊張しました。それと忘れられないのが、負け投手になって9回を中崎に譲る形になった8月22日のDeNA戦。あの時はクローザーを外された悔しさより申し訳なさのほうが強かったです。休ませてもらったのはありがたいことですけど、同時に迷惑をかけているということなので。他の人たちの負担にもなりますし。登板間隔を空けて良くなったのは少しあったかもしれませんが、大事な時期だったので余裕は全く生まれませんでした。

 今季は同世代の活躍も刺激になりました。特に僕と同じく高卒で入団した西武の菊池雄星はエースとして活躍し、DeNAの筒香嘉智は日の丸を背負い、ソフトバンクの今宮健太も中心選手として試合に出続けました。すごいなと思います。自然と目に入ることが多かったです。食事に行く機会はないですけど、球場で話したり交流は割と多いかもしれません。88年会みたいに結束はないと思うので、91年会はないと思います(笑い)。みんながみんな話すタイプかどうか…。機会があれば集まりたいです。

 同世代といえば、周囲は既婚者が増えてきました。ただ、僕はないですね。タイミングなんでしょうけど、正直そこまで求めていないのかもしれません。食事を作ってくれたり、うらやましいところもありますが。一人でボーッとする時間も好きというか必要ですね。何かをリセットしたりとか誰にも気を使わずに一人で何かをやるというのが大事だと思います。今年は移動が激しい年なので、寝たら次の日が来てしまうといった感じですけどね。丸々1日休みというのも少ないので。相手の職業は何でもいいです。ずっと友達でいられそうな人がいい。構って構ってはしんどいです。女の子らしくていいんですけど、甘えん坊はきついです。ゆっくりさせてくれと思う。今オフなんかに可能性があるなら、この場で報告したかったですが(笑い)。

 2011年の途中からリリーフを務めていますが、先発をやってみたいなという気持ちは若干あります。1年間、自分だったらどこまでやれるんだろうとか考えてみたり…。ブルペンで試合展開を見ていると、自然と先発の投球を見ていることになるので、そういう気持ちは少し出てきます。ただ、それはそれ。ここまで来たからには日本一を狙いたい。そのために優勝した後どうするか。どう短期決戦に備えるかが大事になります。どこで投げるか分かりませんが、任されたところでしっかり結果を残すのが僕らの仕事なので頑張りたいと思います。

(広島東洋カープ投手)