阪神・金本監督「リリーフは体力満点でいける」とCS見据える

2017年09月18日 11時00分

投手陣の練習を見る金本監督

 2位・阪神は17日の中日戦(甲子園)が台風18号の影響で中止となり、野手陣は室内、投手陣は屋外でそれぞれ調整した。

 2日続けての中止で、18日(甲子園)に優勝に王手をかける広島との直接対決が実現。何とか目の前での胴上げは阻止したいところだ。

 今回の直接対決はCSファイナルステージの前哨戦ともいえる位置づけだ。金本監督は「ウチとしては打線が上がり目。ちょっと先発の頭数とリリーフの疲れというのが(現在の心配要素として)あるけど、リリーフはCSには体力満点でいける」と先を見据えた。