阪神メッセCS前復帰あるぞ

2017年09月17日 14時00分

メッセンジャーの復帰登板は…

 2位・阪神は16日の中日戦(甲子園)が雨天中止となり、ナインは室内練習場で調整した。この日の代替試合は10月5日以降に組み込まれることが濃厚。今季最終戦が同1日の巨人戦(東京ドーム)からズレることになり、これにより右足骨折からの復帰を目指すメッセンジャーの一軍登板の可能性が出てきた。

 先発の駒不足に苦しみ、金本監督が「がっちりローテと言えるのは秋山くらい」という惨状。そんな中、メッセンジャーはチームのクライマックスシリーズ(CS)進出を信じてリハビリに取り組んでいる。右腕の復帰に慎重な首脳陣は、CSで起用する前に一軍での投球を見極めて判断したい考えを持っていただけに、最終戦が延びることでその機会を確保できるかもしれないというわけだ。

 この日、金本監督はメッセンジャーの状態について「片足に体重をかけていいのか、『そろそろいい』と言われる状態だと思っていたんだけど、まだ(ドクターの報告が)来ていない。10月5日以降の登板? あるかもね。行けるなら行きたい」と話したが、果たして…。