松井稼頭央 WBCでのハッスル心配

2013年01月17日 16時00分

 楽天・松井稼頭央内野手(37)の侍ジャパン招集は吉か凶か。2003年のアジア選手権以来となる代表選出に本人は乗り気だが、トレーナーを含めた楽天のスタッフは「シーズン中もすぐに腰が張ってしまうようで、トレーナーも『マッサージは欠かせない』と話しているほど。ジャパンは名誉なことだけど、シーズンに影響を及ぼすのは間違いない」(チーム関係者)と気が気ではない様子だ。松井はシーズン中、試合前に腰を入念にマッサージしてからウオーミングアップするほど腰には細心の注意を払っている。WBCでどれだけ出場機会があるかは分からないが、性格的にも練習から張り切ってしまうのは間違いない。楽天にとって松井は、グラウンド内外でチームをけん引する野手の柱。開幕を前に腰の爆弾が爆発…なんてことになったら一大事だ。

「メジャーではマイナーも経験したし、あの7年間は自分にとって大きかった。そういう経験も役に立つと思う」と松井。例年より始動を早めるなど着々と準備を進めているが、所属球団の本音は「無理しないで」だ。