2000安打達成の鳥谷に藤本二軍守備走塁コーチが語る「感謝」

2017年09月09日 14時00分

2004年、遊撃レギュラーを巡ってしのぎを削った鳥谷(右)と藤本

 阪神の鳥谷敬内野手(36)が8日のDeNA戦(甲子園)で史上50人目となるプロ野球通算2000安打を達成した。

 鳥谷の2000安打達成を「僕は必然的にそれができる人間だと思っていました」と喜んでいたのが2003、05年V戦士の阪神・藤本敦士二軍守備走塁コーチ(39)だ。鳥谷とは二遊間を組んできた間柄だが「因縁の相手」でもあった。藤本コーチは03年、星野監督の下、正遊撃手として127試合に出場、打率3割1厘をマークして優勝に貢献。そこに鳥谷が入団し、翌04年春季キャンプはシ烈な遊撃レギュラー争いを繰り広げた。

「当時はトリと僕のガチンコ勝負みたいな取り上げ方ばかり。当然、自分としてはポジションを譲る気持ちはなかった。せっかくつかんだレギュラーでしたから、トリのことよりも自分が結果を残せばいいんだと考えていた。金本さんから『3割を打ってもレギュラーと思われんのは魅力が少ないからや。使う方は20本打てるヤツをいいと思う』と言われ、トリに負けないよう、体を大きくしてやったんです」

 キャンプの話題は鳴り物入りの新人とV戦士のバトルに集中。心ない虎ファンも過熱したのだろう。同年の本紙は2月5日付で『鳥谷の一部過激ファンの犯行か? 藤本の実家に脅迫状』の記事を掲載した。「それだけ皆が注目していたからでしょ。ホント、あのころは親の店に手紙とか電話とか…。あまりに多すぎて忘れましたけど『打たんかったら店燃やすぞ』もあった」。何とも物騒な思い出だが、結局、その年、当時の岡田監督の鳥谷優先起用方針で藤本は二塁にコンバートとなった。しかし、鳥谷には今も昔も「感謝」しかないという。

「思い出すのはトリが1年目のキャンプで特守をしても汗ひとつかかずにやっていたこと。こっちは先にプロでやっているのにヘトヘト。ウチで特守の時間が増えたのは、実はトリが楽そうにやっていたから後々そうなったんですよ。体力のあるトリが練習内容まで変えてくれたことは今、考えると大きい」

 それだけではない。「僕が(阪神、ヤクルトで計13年間)選手生活をやれたのもトリのおかげ。体にいい、野球に役立つと聞くと何でも僕に勧めてくれたし、遠征先の宿舎では毎朝、僕がトリに起こされてウエートとか練習に行くんですよ。トリがいなかったら僕はあのまま慢心して終わりでした。トリが素晴らしいのは監督、コーチだけでなく選手からすごいと尊敬されていること。一流選手は多いけど、選手からそう思われている選手はなかなかいないと思います」

 もちろん、鳥谷にとっても藤本コーチの存在は大きかったはず。04年の遊撃バトルは鳥谷2000安打の原点だ。