阪神の嘆き…メンドーサ獲得の裏事情

2017年09月04日 16時30分

7回二死一、二塁で武山に勝ち越し二塁打を浴びたメンドーサ(左)

 2位・阪神が3日の中日戦(甲子園)に2―4で敗れ、連勝は5でストップ。痛恨の敗戦で首位・広島とのゲーム差は「6・5」に拡大した。日本ハムから移籍後初先発となったルイス・メンドーサ投手(33)が7回4失点で悔しい黒星デビュー。6回まで8奪三振2失点と好投を見せたが、勝負どころの7回に守備の乱れも重なって2点を失うなど不運にも見舞われた。「点を取られてしまったことは残念だが、球数も少なく投げることができたし、最低限の役割は果たせた」とメンドーサ。金本監督も「結果的に4失点だが、内容的には1失点とか2失点だった」と一定の評価を与えた。

 もっとも、球団サイドにしてみれば今回のメンドーサの加入には手放しに喜べない事情があるという。フロント幹部の一人はこう嘆く。「メンドーサの獲得は、戦力不足を補うための致し方ない措置だった。本来は若い生え抜きの選手が埋めなければならないピースを彼らが埋め切れなかった。球団としては重く受け止めているということなんだ」

 今季は先発ローテーションの軸として期待した藤浪、岩貞が思わぬ大不振に陥り、今季11勝を挙げていたエースのメッセンジャーまでが骨折で離脱した。先発コマ不足の状況で本来なら二軍にSOSを発信するところだが、一軍で勝負できるレベルに達している投手が誰一人見つからず…というありさま。指揮官とともに育成にも力を入れてきた球団としては「恥ずかしい事態」で、メンドーサ獲得はまさに背に腹は代えられなかったのだ。

 5日からは敵地・マツダスタジアムでの首位・広島との直接対決が控える。逆転Vの行方を占う大一番を前に金本監督は「やるだけでしょ。(5勝1敗で終えたヤクルト、中日との6連戦は)いい試合もあったし、こういう試合もあった。もろさというか、未熟なところを立て直していきたい」と気持ちを切り替えた。メンドーサでの黒星が尾を引かなければいいが…。