日本ハム有原が今季初完投勝利で7勝目

2017年08月30日 21時53分

完投で7勝目を挙げた有原(左)は来日初本塁打を放ったドレイクとファンの歓声に応えた

 日本ハム・有原航平投手(25)が30日のソフトバンク戦(旭川)で4安打1失点の今季初完投勝利で7勝目(11敗)をマーク。チームは3―1で勝利し、連勝を5に伸ばした。

 失点は今宮の11号ソロによる1点だけ。持ち味のカットボールにスライダー、チェンジアップを織り交ぜ相手打線に仕事をさせなかった有原は「腕が振れていた。市川さんが球数少なく配球してくれた。難しい当たりが多かったと思いますが、野手の方がうまく守ってくれた」。

 栗山監督は「本当に腕の振りが素晴らしかった。これが有原航平。安心したというか、こうなるはずだと思うし、これが普通だし。逆になんで今までできなかったのか本人が分かってくれていると思う。(この投球が)続かないと意味がない」と語気を強めた。