デビュー13戦目でついに初白星の阪神・小野 裏にナインの“珍ゲキ”

2017年08月30日 16時30分

プロ初勝利をマークした小野(右)は金本監督とガッチリ握手をかわした

 2位の阪神が29日のヤクルト戦(甲子園)を3―0で制し、今季最多タイの貯金13に戻した。殊勲はドラフト2位ルーキーの小野泰己投手(23)だ。6回無失点の力投でようやくデビュー13戦目にして初白星をゲット。長かった未勝利地獄からやっと抜け出した裏にはチーム内からの“珍ゲキ”があった。

 5四球を与えながらも粘りの投球で初勝利をつかみ取った小野は「なかなか勝てなくてつらいときもあった。でも『この試合終わったら次の試合』と気持ちの切り替えをしてやってきた。やっと勝ててよかった」と喜びを爆発させた。我慢の起用を続けてきた金本監督も「春のキャンプで見たときからストレートにほれ込んだ。勝ちがつかず、いつまで投げさせるのかと言われてきたが、いい素質を持っているので、いつか勝てる日が来ると思っていた」と愛弟子の1勝目に胸をなで下ろした。

 そんな右腕は新人離れした落ち着きぶりでチーム内から一目置かれている。どんなに負けても落ち込んだり、慌てたりする姿を見せることは一切なし。小野自身は「高校のころからこんな感じ。意識しているわけではないんです」と自然体を強調するが、淡々と投げる姿を見た途中加入のロジャースが「すごく落ち着いた雰囲気だが、あいつは何勝しているんだ? まだ勝っていない? 信じられないよ。俺が打って勝たせてやる」と援護を約束するほどだった。

 今回のうれしい初勝利には“珍ゲキ”が効果を発揮していた。小野はデビューからまさかの7連敗で1966年の久野剛司投手の球団ワースト記録を51年ぶりに更新する屈辱を味わった。その気持ちを考えると、この“負の記録”は避けるところだが、周囲はあえてこの悲劇を逆利用。チーム関係者は「負けがつくということはそれだけ試合で使われているということで期待されている証し。大成した選手ほど負の記録を持っている。だから落ち込む必要はないんだ」と400勝しながら最多黒星記録の持ち主でもある金田正一氏や最多被本塁打記録の鈴木啓示氏などのレジェンドらを引き合いに懸命に励まし続けたという。

 そうした周囲の支えもあって“プロ初勝利が遠すぎる男”を克服した小野。「次も勝つのが目標。勝ちが続くようにやっていきたい」。ここからは連勝街道といきたいところだ。

関連タグ: