阪神ドラ2小野が13度目の先発でついに初勝利「うれしい」

2017年08月29日 21時48分

初勝利を挙げ、金本監督(左)の祝福を受ける小野

 阪神ドラフト2位・小野泰己投手(23)が29日、13度目の先発となったヤクルト戦(甲子園)で6回2安打無失点と力投し、プロ初勝利を挙げた。

 右腕は「本当にこの1年、ここ(プロ1勝)を目標にしてきたんで、今日達成できて良かった。うれしいです。金本監督からは『やっと勝てたな』と言われて実感が湧いた」と感慨深げに話した。

 金本監督は「良かった。勝ちがつかずで、いつまで投げさせるのかとも言われてきた。でも、いい素質を持っているから。使っていけば勝てる日がくると思っていた」と喜んだ。

関連タグ: