巨人 特攻指令に応えた“死球名人”村田の勇気

2017年08月28日 16時30分

死球を受けた村田

 27日の巨人VS阪神戦(東京ドーム)、畠―藤浪の息詰まる投手戦が一変したのは、0―0で迎えた7回一死からの攻撃だった。1ストライクから藤浪の抜けた変化球が村田の背中に直撃。この死球に一塁ベンチも球場内も大きくざわつくなか、村田は苦悶の表情を浮かべながら一塁へ向かうと、試合が一気に動き出した。

 村田の代走・重信がすぐさま二盗を決め、次打者の亀井は右中間を破る適時二塁打で先制。暴投の末に長野を敬遠ぎみの四球で歩かせたところで藤浪が降板し、その後は沈黙していた打線がせきを切ったように大爆発だ。

 小林のスクイズや陽岱鋼の2点タイムリーなど打者11人の猛攻で、この回一挙6点。由伸監督は「(藤浪は)力のある投手ですし、そういう投球をすれば難しい投手だなというのは思いました。粘ったなかで、あの回一気にいい攻撃ができた」と快勝劇を振り返った。

 試合前からナインが気にしていたのは右打者への死球が目立つ藤浪の状態だった。16日の広島戦(京セラ)では、投手の大瀬良と菊池への2死球を含む7四死球と大荒れ。なかなか貯金生活に入れない巨人にとっては主力勢の故障離脱は避けたいところで、スタッフの間でも「藤浪は二軍で調整したそうだけど、本当に大丈夫なのか…」と懐疑的な目を向けていた。

 そんなチーム内に漂う及び腰の姿勢を首脳陣は見逃さなかった。コーチの一人は「打者が打席で怖がったら終わり。しっかりと踏み込んで自分のスイングをしなさいということ。そうでないと、避けられるボールだって避けられない」と一刀両断していた。

 とはいえ「特攻しろ」と言われても、そう簡単には実行に移せないものだが…。そこは現役最多、歴代4位を更新する149個目となる“死球名人”村田の死球からチームは圧勝。村田は「避けるということは基本、頭にない。当たってもいい準備はしている。内角にビビらないのが僕のモットー。あれが大量点につながったのでよかった」と“殊勲の死球”に胸を張った。

 29日からは首位広島、3位DeNAとの6連戦。CS進出へ負けられない戦いが続くが、この波に乗っていけるか。