DeNA3戦連続サヨナラ勝ち!ラミレス監督「アンビリーバブル!」

2017年08月25日 16時30分

劇的な幕切れに喜ぶDeNAナイン

 DeNAは24日の広島戦(横浜)で球団史上57年ぶりとなる3戦連続でのサヨナラ勝ちを収めた。4―4の同点で迎えた9回二死二塁で倉本が中崎の146キロの直球を振りぬくと打球は二塁前への小飛球。名手・菊池の手前でバウンドしたボールは不規則に転がり、内野安打となった。その間に二走・高城が本塁に滑り込んだ。

 3戦連続のサヨナラ勝ちは球団にとって大洋時代の1960年6月26日の国鉄(現ヤクルト)戦から同29日の巨人戦で記録して以来、57年ぶり。また、サヨナラ勝ちした3試合が全て逆転は78年のヤクルト以来、史上4度目だ。

 倉本は「(サヨナラの流れに)乗り遅れないようにと思いました。(3連戦)内容があまり良くなかったので何とか粘ったらこういう結果になった」と驚きを隠せず。

 試合前「今日は普通に勝ちたい」と話していたラミレス監督も試合後は「アンビリーバブル!」と興奮気味。倉本は「普通はアウト。何が起こるか分からない」とまだ信じられない様子だった。

 60年の大洋はセ・リーグ初優勝を飾り、その勢いで日本一に輝いた。DeNAにとっては吉兆だ。