阪神・西岡が左かかと打撲で登録抹消 軽症も復帰は未定

2017年08月24日 19時05分

 阪神の西岡剛内野手(33)が24日、左かかと打撲のため出場選手登録を抹消された。前日のヤクルト戦(神宮)の5回、三塁走者で本塁突入した際に痛めた。

 球団広報は「軽症で本人も出場意欲はあるが、昨季手術した左アキレス腱側の足ということで大事をとっての抹消」と説明。西岡は自身の公式インスタグラムで「人生ほんますんなりいかんな〜 明日にはマシになってくれることを願う」(原文のまま)などと心境を明かした。

 金本監督は「炎症があるみたいで、痛がっていた。最短かどうかはわからん」と話し、再登録が可能な最短10日での一軍復帰は未定だという。

 西岡は、昨年7月20日の巨人戦で左アキレス腱を断裂し、今年7月17日の広島戦で復帰。26試合に出場し、打率2割5分3厘、0本塁打、4打点、2盗塁。