ヤクルト・真中監督が今季限りで退任 根岸オーナーの慰留を固辞

2017年08月22日 12時32分

真中満監督

 ヤクルトは22日、真中満監督(46)が今季限りで退任すると発表した。20日の広島戦(マツダ)に敗れ38勝71敗2分けで今季の負け越しが決定。21日に一部で退任が報じられると、同日に衣笠剛球団社長(68)と会食した際に真中監督から「この機会に退任を伝えたい」と話があったという。

 衣笠社長は根岸孝成オーナー(68)の意向として「もう1年引き受けてほしい」と慰留したが、本人の意思が固く、了承したという。監督退任後は真中監督自身の意向で少なくとも数年は球団の仕事には関わらない。