「戦力外」待ったなし 巨人・内海待つ厳秋

2017年08月18日 16時30分

2回裏、3点を失った直後、西浦に中前打される内海

 いよいよ窮地に追い込まれた。巨人は17日のヤクルト戦(神宮)で反撃一歩及ばず、序盤の失点が響いて3―4で敗れた。CS進出へ負けられない一戦をぶち壊したのは、今季最短となる2回途中4失点KOの内海哲也(35)だ。冷徹にも映ったベンチの交代判断は、これから左腕を待つ厳しい秋を暗示している。

 指揮官の判断に迷いはなかった。荒木の3点本塁打で先制され、なおも2回二死二塁。内海が山崎にイニング4本目の安打となる中前打を浴び、4点目の走者生還を許すと、由伸監督は間を置くことなくベンチを出た。3回の攻撃は8番の小林から。打順が投手まで回ることを無視してのスイッチは、内海への落胆と現在の信頼感を示していた。

 その後は2番手の宮国が、3回1/3を無安打無失点と奮投。打線は内海の降板直後に3点を奪い返したが、結局は一歩届かず。「何にもないです。全然だめです」と言葉少なだった内海について、由伸監督は「(早期交代は)まだイニングがあるんで、失点を少なく攻撃しないといけないんでね」と淡々と振り返った。

 内海は今季11度目の登板だった。それだけチャンスを与えられながら、ここまでわずか2勝(6敗)。防御率5・74と数字は散々だ。3か月ぶりの勝利を挙げた先月8日の阪神戦後には「崖っ縁も崖っ縁。これがダメならもう一軍はない、最後という気持ちでした」と語ったが、その後も3試合続けて白星なし。試合後、首脳陣は次回の先発起用について言葉を濁した。

 そんな左腕の今後について、フロントの見方はかなり厳しい。「内海はウチの功労者。監督の思い入れも強い。だからこそ、これまで大事にされてきた面もある。ただ、(球団)上層部の評価は年々下がっている。若手への切り替え方針もあるし、年俸の高さ(推定2億円)もネック。今秋は処遇がテーマになるのは間違いない」

 今季の巨人は7月末の登録期限までに育成4選手を支配下に引き上げ、現状は枠上限の70人を抱える。前出のフロントによれば「ドラフトと新外国人用の枠を考慮すると今年は最低でも10人は削らないといけない。鹿取GMも血を流す覚悟でいる」という。

 低空飛行のチームは依然として4位。この日の敗戦で、3位DeNAとはデッドラインの5ゲーム差に拡大した。V逸どころかCS進出まで逃す事態となれば、35歳の左腕が秋風に直面するのは避けられない。