中京大中京・鵜飼「清宮くんがいても4番を打ちたい」

2017年08月16日 16時30分

中京大中京で4番を務めた鵜飼

【U―18候補戦士の素顔】高校通算56本塁打を誇る右の大砲、中京大中京(愛知)の鵜飼航丞(こうすけ)内野手(3年)は「4番最強説」の信奉者だ。「4番は僕にとっては譲れないポジションです。3番と5番では気持ちの入り方が全然違うんです。僕は常に4番を打ちたい」

 U―18侍入りを熱望する男は同世代のスラッガーたちが集う代表チームでも、その気持ちは変わらないという。たとえ、あの清宮がいたとしてもだ。「清宮くんは全部がすごい。技術や実績だけじゃなく、人間性も含めて。だから4番にふさわしい選手。でも、僕は清宮くんがいても4番を打ちたい」と言い切る。

 最近ではメジャーリーグや日本のプロ野球で、2番や3番打者に最強バッターを据えるチームが多い。その影響もあってプロも含めて若い世代では、かつてほど4番打者へのこだわりを持った選手は少ない。だが、鵜飼は「4番はチームの顔。『4番が打てなかったら仕方がない』というポジション。だからやりがいがあるし、かっこいい。プロでも4番を張れる選手になって、打点王のタイトルを何度も取れるような選手になりたい」とこだわりは人一倍だ。

 今大会、中京大中京は初戦で広陵(広島)に6―10で敗れ、姿を消したが、鵜飼は2安打を放ち強打の片鱗を見せた。「昨年秋から始めた初動負荷トレーニングを毎日やっていて、打撃の向上に手応えを感じている」とも言う。「侍の4番」を打つ気満々で代表入りの吉報を待つ。