ソフトB内川 左手剥離骨折で全治6週間

2017年07月26日 15時44分

 ソフトバンクの内川聖一外野手(34)が26日、左手親指骨折のため登録を抹消された。内川は23日のロッテ戦(ヤフオクドーム)の8回の守備で左手を負傷していた。

 

 内川は25日に仙台市内の病院で「左手母子基節骨尺側基部の剥離骨折」と診断された。球団によると全治6週間の見通しで復帰は早くても9月以降となる。