阪神・藤浪「無期限二軍」「登板メドなし」の異常事態

2017年07月22日 00時25分

二軍調整が続く藤浪

 無期限の二軍調整が続く阪神・藤浪晋太郎投手(23)の次回登板メドが立たないままでいる。

 頭部への危険球を含め7四死球&7失点と大乱調だった2日の二軍・中日戦(ナゴヤ)以来、マウンドに上がる機会がない藤波は21日、ブルペンでの投球練習を終えた後、「(いつ投げるかは)自分で決めるようにしています。(首脳陣から)そういってもらっていますから。自分でもある程度こうしようというプランがありますが、わざわざマスコミに話すことでもないです」とコメント。担当する福原育成コーチも「まだいつ投げるかは決まっていない。本人の中でいいものが出て、いける!となればそうしようという方針でいる。やはり不安があったり、中途半端なままでは…。ケガ人と一緒のような感じでしっかりとやっていくしかない」と悩める現状を語った。

 実績ある若きエースが2位と奮闘する一軍をよそに5月27日から長期の二軍調整を続け、登板メドが立たないのは異常事態。今後が気がかりだ。