阪神・西岡 中堅の守備を猛省「試合を潰してしまいました」

2017年07月19日 10時47分

2回、石原の飛球の目測を誤った西岡

 阪神の西岡剛内野手(32)が18日の広島戦(甲子園)に「1番・中堅」で先発出場。大量失点につながった2回の守備について猛省した。

 

 一死満塁で、石原の浅い飛球の目測を誤り、下がった後に前進。スライディングキャッチを試みたが、一度グラブに収まったボールがこぼれ、適時打としてしまった。

 

 打撃では2安打1打点と意地を見せたが「2回の守備で試合を潰してしまった。自分の力のなさ。練習したい」と唇をかんだ。