中日ゲレーロが24号2ラン「うまくついていくことができた」

2017年07月18日 20時32分

6回、リーグ単独トップとなる24号2ランを放ったゲレーロ

 中日の主砲アレックス・ゲレーロ内野手(30)が、18日の巨人戦(ナゴヤドーム)でリーグ単独トップの24号2ランを放った。

 2―1の6回無死一塁、巨人3番手・桜井俊貴投手(23)の129キロのチェンジアップをうまくすくい上げて左中間席に運んだ。「少しタイミングをずらされたけど、うまくついていくことができたよ」とニンマリだ。

 5月9日のDeNA戦(岐阜)で6号本塁打を放ってから22号まで17本連続でソロを放ち「ミスター・ソロ」とやゆされていたが、12日の阪神戦(甲子園)の23号に続き、この日も2ランとなった。