【球宴】全セ・緒方監督 苦しい台所事情を告白

2017年07月14日 19時43分

【マイナビオールスターゲーム2017(14日=ナゴヤドーム)】全セの指揮を執る広島・緒方監督が苦しい台所事情を打ち明けた。

 第1戦前のインタビューで投手の起用法について「投手のみんなに負担をかけすぎないように、先発は2イニングはいってほしい」とポツリ。シーズン中に過酷な登板となっている救援投手が多いだけに球宴中に故障でもされたら大変。頭を悩ます指揮官は「又吉(中日)には申し訳ないけど、今日1イニングいって、もし他の投手に何かあったらもう1試合(15日、ZOZOマリン)いってほしいとお願いしてある」と明かした。