阪神・金本監督 二軍視察で敵軍たたえる「広島は二軍でもよく打つなあ」

2017年07月11日 11時00分

二軍戦を視察した金本監督

 阪神・金本知憲監督(49)が10日、ウエスタン・リーグの広島戦(鳴尾浜)を視察した。

 後半戦に向けての“新戦力”探しが目的だったが、先発したドラフト3位の才木が5回6失点と炎上。「チャンス? どうかなあ。それにしても真っすぐを狙われたら相手は確実に打ってくる。ウチの打者も見習わないといけない。広島は二軍でもよく打つなあ」と敵軍をたたえるしかなかった。

 朗報もある。左アキレス腱断裂からの一軍復帰を目指す西岡が、4打数1安打1打点と存在感を見せたことに「二塁打も打っていた。足は速かったし、動いている」と評価。早ければ、15日の一軍練習に参加する予定だ。

関連タグ: