“キューバの大谷”コラスがソフトBと育成契約「自分も彼のようになれたら」

2017年05月23日 17時07分

リバン・モイネロ(左)とオスカー・コラス

 ソフトバンクと育成契約を結んだキューバ人選手、リバン・モイネロ投手(21=左投げ左打ち)とオスカー・コラス外野手(18=左投げ左打ち)が23日、ヤフオクドームで入団会見に臨んだ。背番号はモイネロが143、コラスが144。

 モイネロは140キロ台後半の直球に切れ味鋭いカーブ、スライダーが武器。3月に行われたWBCキューバ代表メンバーとして中継ぎで3試合に登板し3回1失点、防御率3・00の成績を残した。「キューバにはいい投手がいるというところを見せたい。目標は一軍でチームに貢献すること」と意気込んだ。

 長打力が魅力のコラスは外野手登録ながら内野も守れ、さらに投手としても最速148キロを誇る、いわば“キューバの大谷”。「彼(大谷)は打者としても投手としても素晴らしい選手。自分も彼のようになれたら」と二刀流でジャパニーズドリームをつかむつもりだ。