開幕絶望の松坂 復活へ厳しい道のり

2017年03月19日 16時30分

右太ももにアイシングをし球場を後にする松坂

 右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大輔投手(36)が、18日の西武とのオープン戦(メットライフ)で緊急降板。開幕ローテ入りが絶望な状況になった。

 

 初回、2回は三者凡退の滑り出し。しかし、4回に一死からメヒアに初ヒットを許し、二死後に栗山に四球を与えて一、二塁。続く岡田にも四球を与えたところで大きくバランスを崩した。

 

 右足の内転筋に強い張りが出たためで、松坂によると初回から違和感があったという。リリーフした加治屋が永江に走者一掃の適時二塁打を浴び、3回2/3を投げて1安打4四球4失点の内容となった。

 

 工藤監督は「今までで一番よかった。1、2回の投球を見る限り、いけるかなと思わせてくれる内容だった」と評価しつつも、次回登板については「また次も見てみたいけど、ほかの投手との兼ね合いもあるので」と説明した。

 

 試合後の松坂は「ストライクゾーンで動かして打たせて取れた。それを長いイニングで投げたかったです」と悔しさをにじませた。復活へ厳しい道のりとなっている。