いざ米国へ!ハマりまくりの“小久保マジック”

2017年03月16日 16時30分

小久保監督(左)は坂本を笑顔で迎えた

【WBC侍ジャパンドキュメント2017(3月15日)】小久保監督率いる侍軍団が、文句なしの6連勝で米国への切符を手にした。2次ラウンド最終戦のイスラエル戦(15日、東京ドーム)は4番・筒香(DeNA)の今大会3号特大ソロを号砲に、打線が6回に一挙5得点の猛攻。投手陣も先発・千賀(ソフトバンク)が流れをつくると、5人のリレーで旋風を巻き起こした相手を5安打に封じ、8―3で2次ラウンド1位突破を決めた。

 

「アメリカに行くことになりました! ありがとうございます!」

 

 試合後の監督インタビューで叫んだ指揮官の表情には、安堵感と激戦の疲労が色濃く浮かんだ。振り返れば、強化試合など実戦では3連敗スタートとつまずいた。過去の大会に比べ、下馬評も決して高くなかった。だが、キューバとの開幕戦を白星で飾ると一気に波に乗った。

 

 打つ手がはまりまくるまさに“小久保マジック”。本紙取材班の面々も「まさか…」の連続に、連日開いた口がふさがらなかった。その快進撃の先頭を走ったのが、小林(巨人)だろう。

 

 G担キャップの堀江もひっくり返る大抜てきだったが、全6試合で先発マスクをかぶり、課題の打撃でも打率4割4分4厘、1本塁打、6打点の大暴れ。代打を予想された打席で安打を放ち、謎のプッシュバントが、最高の送りバントになる。百戦錬磨の青木(アストロズ)ですら「あんなの見たことない」と目を丸くしたほど。小久保監督も「小林のWBCでの成長は大きかった」と賛辞を惜しまなかった。

 

 この日の千賀先発も、大会前には予想できなかった。右腕は試合後「僕はどんな場面でも、チームにいい流れを持ってくることが大事」と平然とコメントしたが、権藤投手コーチから登板を告げられたのは、12日のオランダとの激闘後だったという。中2日を考慮され、63球でマウンドを譲ったが、5回1安打無失点は使った首脳陣も含め見事というしかない。

 

 不動の4番・筒香と、5番・中田(日本ハム)のTN砲も機能した。中田は、調整遅れを不安視する本紙取材班の広瀬に「心配せんでええ」と宣言した通りの大活躍。2人で計6発の大花火を打ち上げた。DeNA担当の坂庭は、渡米する後輩の堀江に「筒香が決勝まで連れていってくれるさ。あ、土産を忘れるなよ」と声をかけて送り出した。

 

 小久保監督は「次が一番難しい準決勝。何とか乗り越えて、世界一になりたい」と前を見る。いざ決戦の地へ、侍たちは飛び立つ。