メジャースカウト WBC辞退・大谷の「元気な姿」目撃しホッ

2017年03月13日 16時31分

 今回のWBCの目玉だった日本ハム・大谷翔平投手(22)の不在を嘆いていた一部メジャー球団スカウトが、思わぬ形で実現した“大谷詣で”を喜んでいる。

 大谷は右足首痛のため今大会への参加を辞退。大会前から「大谷のショーケース(見本市)のためのWBC」といわれていただけに、主役なき本戦は「彼がいなくなって焦点が定まらない。注目度は3割減」(ナ・リーグ球団スカウト)とメジャースカウト陣を落胆させている。

 そんな折に舞い込んできたのが11日の教育リーグ、日本ハム―楽天戦(鎌ケ谷)に打者・大谷が出場するという情報だ。事前にキャッチしたブルージェイズ、ドジャース、アストロズ、レンジャーズなど7球団の日本在住スカウトが米国から来日した上司らを伴い、千葉・鎌ケ谷でお目当ての大谷を生観戦&今季初本塁打の目撃に成功した。

 匿名を希望するある球団スカウトは「マイナー相手(二軍)ではやはり格が違う。元気な姿を見られただけでも、こちらの気持ちが落ち着いた。今後は足の故障が投球にどのような影響を与えてくるのか、注意深く観察していきたい」とやはり投手・大谷の復活を気にかけた。