侍J・牧田にクローザーの自覚あり

2017年03月09日 16時30分

豪州を下しハイタッチする牧田(右)と小林

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を狙う侍ジャパンが8日、1次ラウンドB組のオーストラリア戦(東京ドーム)に4―1で快勝。牧田(西武)が2夜連続で侍の守護神を務めた。前日7日のキューバ戦の9回に登板した牧田がこの日も9回に登場。三者凡退で締め「昨日は力みすぎていたが、その反省を今日に生かせた」と笑顔で汗をぬぐった。小久保監督からは抑えと明言はされていないそうで「自分が特別、守護神とは思っていない」と謙遜するが「今日は自分の投球ができた。(試合で)何点差があろうとも、これからも自分の投球をしようと思います」とクローザーとしての自覚は十分ある。