侍ジャパン 9回に代打・秋山が決勝2点三塁打

2017年03月05日 22時06分

9回、勝ち越しの三塁打を放った秋山(右)

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表「侍ジャパン」は5日、京セラドームでオリックスと強化試合を行い、5―3で競り勝った。

 3―3の9回、平田(中日)の中前打などで二死一、二塁とし、代打・秋山(西武)が右越え三塁打を放ち、2点を勝ち越した。打線では2回に鈴木(広島)が左中間へ3ランを放ったことも明るい材料。実戦3試合目で出た初安打が、一時は逆転となる豪快な一発となった。

 先発・藤浪(阪神)は不安定な立ち上がりで、初回に2点を失った。四球で歩かせた先頭・西野に盗塁を決められて無死二塁。2番・安達のバントを自ら処理するが、一塁へ悪送球して先制点を献上。3番・吉田には適時打を浴びた。2回は無難に抑えたが、不安の残る投球となった。

 3―2の4回は3番手・岡田(中日)が二死二塁から若月に適時打を許して、追いつかれる。しかし、その後は細かい継投でオリックス打線に得点を許さなかった。