【WBC】阪神・藤浪 紅白戦で2回4K「フォームのバランスが良かった」

2017年02月08日 19時42分

紅白戦で2回を投げ無失点だった藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(22)が8日、沖縄・宜野座キャンプ初の紅白戦に登板し、2回無失点だった。

 3月に行われるWBCではリリーフの可能性があるため、2番手での登板となった右腕。初球でこの日最速となる148キロで球場をどよめかせるなど、サプライズで代打登場した鳥谷と高山に安打を許したのみだった。

 6個のアウトのうち4つが空振り三振と味方打線をキリキリ舞いさせ「真っすぐとカットボールが特に良かった。フォームのバランスが良かったし、しっかり立ってしっかり投げられた」と手応えを口にした。