元日本ハム監督・大島康徳氏 大腸がん告白「肝臓に転移があり ステージは4です」

2017年02月07日 16時34分

大島康徳氏

 野球解説者の大島康徳氏(66)が7日、自身のブログでがんで闘病中であることを告白した。

 

 大島氏は「昨年10月下旬頃に病気が発覚しました。病名は大腸がん 肝臓に転移があり ステージは4です」と明かすと「既に大腸の手術を終え 現在抗がん剤治療を行っております。いきなり物凄く驚かせてしまいましたね。ごめんなさい。でもね、安心して下さい。病気が発覚した時も、今現在も、大島はとても元気です」とつづった。

 

 がんであることを公表したのは「今後の人生を前向きに生きる為」とし、「仕事においてもプライベートにおいても 周囲の方のご理解やご協力、ご支援を頂くことが必要不可欠だと考えたからです」とつづった。

 

 また「病気にはなったけれども大島は何も変わっていません。そして、これからも変わらない」と主張し、「病名が病名だから仕方ないのですが…皆さんにも今まで通りに普通に接して欲しいのです。仕事においてもプライベートにおいても。特別な配慮や遠慮は無用です」と呼びかけた。

 

「もしもどこかで大島を見かけたら『大島さんこんにちは』って、『元気そうですね』ってにっこり笑って、そう声をかけて頂けたら嬉しいです」とつづった大島氏は今後、ブログで「病気発覚からこれまで」について少しずつ記していくとしている。

 

 大島氏は中日、日本ハムで活躍し、通算2204安打をマーク。日本ハムでは監督も務めた。