広島・新井の体に染み込んだ大下剛史氏の教え

2017年02月06日 16時30分

特守をする新井

 まだまだ老け込むわけにはいかない。広島・新井貴浩内野手(40)が5日、宮崎・日南市での春季キャンプ第1クールを特守で締めた。約45分、190球を丁寧に捕球したチーム最年長のベテランは「体のあちこちが張っているけど、しっかりと追い込めた。まだ若い選手には負けないぞという気持ちでやっている」と5日間を振り返った。

 

 派手さはなかった。ノックバットを持った高ヘッドコーチも打球を極端に左右には振らない。それでも、しっかりと腰を落として捕球することで下半身に負荷をかけた。

 

 第1クールのテーマは「下半身を鍛える」。初日の1日は約50メートルの急坂を一気に駆け上がる坂道ダッシュを15本、2日以降も16本、15本と積極的に下半身をいじめた。そしてこの日は特守だ。

 

 40歳の肉体はすでに悲鳴を上げている。毎夜のように筋肉痛で夜中に目を覚まし、寝起きも「体がバリバリに張っているので、ゆっくり起きるようにしている。若いときのようにガバッと起きて首とかがピリッといったら(治るまで)1週間はかかるから」と細心の注意を払っている。

 

 自らに苦しいメニューを課すのは、入団1年目(1999年)のキャンプで叩き込まれた下半身強化の重要性が体に染み込んでいるからだ。「当時は午前中全部がアップというか強化走でしたからね。(ハードメニューで)気持ちが悪くて昼食も食べられなかったり、座って食べていたらヘッドコーチの大下(剛史氏=本紙専属評論家)さんに怒られて、立ったまま食べたり…。でも、いま考えると、あの経験がすごく重要だったと思う」

 

 昨年はチームを25年ぶりのリーグ制覇に導き、MVPに輝いた。それでも新井は新井のまま。年を重ねても気持ちはルーキーイヤーと変わらない。