ソフトB・岩崎 体幹強化する「アニマル体操」披露

2017年01月25日 07時50分

アニマル体操を行う岩崎

 ソフトバンクの岩崎翔投手(27)が24日、宮崎市で行っている自主トレを公開。個人トレーナーのもとで取り組んでいるという“アニマル体操”を披露した。

 あまり耳にしない“アニマル体操”とはクモ、サル、カエル、ゴリラ、アヒル、スパイダーマンと、それぞれを模した動きで汗を流した。体のバランスや連動性、体幹の強化につながるという。

 昨季は先発、中継ぎの両輪でフル回転。今季は「チーム状況で変わるのは仕方ないが、まずは先発でやれるように頑張りたい」と意気込む。「先発だったら特に必要になってくる」と取り組んでいるのがチェンジアップの習得だ。オリックス・金子の投げるチェンジアップをイメージしているという。

 もちろんリリーフの覚悟も十分にできている。今季の目標については「先発なら2桁勝ちたいし、中継ぎなら50、60試合投げたい」と掲げた。